• TOP
  • 組織概要
  • 業務内容
  • 業務実績
  • 市町村ゼミナール
  • まちづくり情報・コラム
  • 研究員紹介

市町村ゼミナール

第45次(平成29年度)第4講  『 公共施設の更新・再編をどう進めるか 』

 日 時 

平成2年8月2日(水)10~1

会 場

名古屋栄ビルディング 特別会議室(12階)

テーマ

「 公共施設の更新・再編をどう進めるか

 講 師

名古屋大学大学院工学研究科准教授            恒川 和久 氏

神奈川県秦野市政策部公共施設マネジメント課長      志村 高史 氏

平成29年度第4講は、『 公共施設の更新・再編をどう進めるか 』をテーマに開催いたします。

今日、高度経済成長時代に大量に建設された公共施設が急速に老朽化していること、人口減少と少子・高齢化による住民のライフスタイルの変化に伴い公共サービスの内容や質が問われていること、自治体の財政状況は厳しさを増していることなど、公共施設の再配置を含むマネジメントは自治体経営において避けては通れない課題となっています。

各自治体共通の課題として認識されてはいるものの、具体的な公共施設再配置の段階においては、数々のハードルが立ちはだかっています。

本講では、名古屋大学大学院工学研究科准教授 恒川 和久 様をお招きし、公共施設マネジメントの必要性と意義、公共施設FMのプロセス、各地の事例、取り組みの留意点等について、ご講演いただきます。

 

また、神奈川県秦野市政策部公共施設マネジメント課長 志村 高史 様をお招きし、神奈川県秦野市における、公共施設再編実施のプロセス、市民合意の方法、推進体制、成果と課題等について、ご報告いただきます。

【恒川 和久(つねかわ かずひさ)氏の略歴】

 

1964年、愛知県生まれ。88年、名古屋大学工学部建築学科卒業。工学博士(2012年、名古屋大学)。
職歴等:88年、大林組東京本社設計本部勤務。96年、名古屋大学工学部建築学科助手。2003年、同講師。12年、同准教授。現在、大学院工学研究科・工学部施設整備推進室、准教授。
専門分野:建築計画、都市計画、建築設計、ファシリティマネジメント。
主な著書:「ここまでできる実践公共ファシリティマネジメント」(共著 学陽書房 2014年)、「設計に活 かす建築計画」(学芸出版社 2010年)、「オフィスの夢 集合値:100人が語る新世代のオフィス」(彰国社 新世代オフィス研究センター編 2009年)ほか。

平成29年度の年間計画

日程 テーマ・講師
開 講 講 座

511日(木)

『地域の魅力を編集し、発信すると何が起こる?』

           月刊「ソトコト」編集長   指出 一正 氏         

第2講

616日(金)

『地域資源をプロデュースする! ~地域産業・企業の新しい価値を創出~ 』

         (株)クリエイティブ・ワイズ 代表取締役 三宅 曜子 氏

          大和高田商工会議所にぎわい大和高田推進課 課長 森田 美穂 氏

第3講

714日(金)

都市のコンパクト化の可能性と方策~健康・福祉に対応したまちづくり』

                               筑波大学システム情報工学研究科 教授 谷口  守 氏

                                                 広島県府中市まちづくり課 能島 克則 氏

 第4講

82日(水)

『公共施設の更新・再編をどう進めるか』

                                   名古屋大学大学院工学研究科 准教授 恒川 和久 氏

                                               神奈川県秦野市政策部 参事 志村 高史 氏

 

8月22日(火)

                 市町村ゼミナール特別シンポジウム

第5講

914日(木)

『民間と連携した健康都市づくり~民間発想の健康・介護プログラムの提案』

                                  (一財)松本ヘルス・ラボ 専務理事 降旗 克弥 氏
       NPO法人エンジョイスポーツクラブ魚沼 アドバイザー 高木 貞介 氏

第6講

103日(火)

『少子・高齢社会を支える地域運営組織~自立した組織づくりの方策』

                IIHOE「人と組織と地球のための国際研究所」代表 川北 秀人 氏

                          島根県雲南市政策企画部地域振興課 企画官 板持 周治 氏

第7講

1027日(金)

『子どもの貧困問題とその対策~待ったなしの問題にどう対応するか』

                                   東洋大学社会学部社会福祉学科 教授 森田 明美 氏

          東京都足立区子ども貧困対策担当課(事例発表者調整中)

 

 

第8講

 

 

11月

『地域課題と向き合うソーシャルデザインの可能性』

                       名古屋芸術大学 水口 智之 氏

                                                                               (事例発表者調整中)

 

 

第9講

 

 

12月

『地域の魅力づくりと文化・アートの役割~これからの文化行政の可能性』

             鳥取大学地域学部地域文化学科 教授 野田 邦弘 氏

        岐阜県可児市文化創造センター館長兼劇場総監督 衛  紀正 氏

 

 

第10講

   

 

    1月

『シティプロモーションとソーシャルメディアの活用』(仮)

                                                                                             講師調整中

 

第11講 

  

    2月

『女性の視点を生かす地域づくり』(仮)

                               講師調整中

 

第12講

 

3月

『人口をV字回復させた都市戦略』(予定)

                   兵庫県明石市長 泉  房穂 氏


 

バックナンバー

これまでの開催テーマと講師

これまでの結果概要


平成28年度(第44次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成27年度(第43次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成26年度(第42次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成25年度(第41次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成24年度(第40次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

 

市町村ゼミナールの結果概要

 ⇒こちらへ