• TOP
  • 組織概要
  • 業務内容
  • 業務実績
  • 市町村ゼミナール
  • まちづくり情報・コラム
  • 研究員紹介

既成市街地再生研究会

「居住」の受け皿をどのように確保するのか               つるおかランド・バンクの取組に学ぶ

日時 令和元年12月12日(木)14:00~16:30
会場 昭和ビル 9階ホール
テーマ

「『居住』の受け皿をどのように確保するのか

つるおかランド・バンクの取組に学ぶ」

講師

特定非営利活動法人 つるおかランド・バンク 理事長 廣瀬 大治 

 

 コンパクトシティを形成するためには、基盤整備が不十分な既成市街地の再生が課題となっていますが、行政として効果的な手法が見出せないのが現状です。

 

 そんななか、諸々の課題を解決に導くランドバンク事業を進められている、特定非営利活動法人つるおかランド・バンクの廣瀬理事長をお招きし、これまでの取組についてご報告いただくとともに、進めるにあたっての課題や行政に期待される役割、今後の展望などをお話しいただきます。

 

 

 ご多忙とは存じますが、多数ご出席いただきますようご案内申し上げます。

 

==================================================

 

【プログラム】

 

14:00 

開会

 

14:00~14:10 

問題提起

「地方都市における既成市街地の再生に向けて」

一般社団法人 地域問題研究所 主任研究員 河北 裕喜

 

14:10~15:30

基調講演

「ランドバンク事業による既成市街地の再生」

特定非営利活動法人 つるおかランド・バンク 廣瀬 大治 氏

 

15:30~15:40

休憩

 

15:40~16:30

グループディスカッション

 

16:30

閉会

 

 

会場地図