• TOP
  • 組織概要
  • 業務内容
  • 業務実績
  • 市町村ゼミナール
  • まちづくり情報・コラム
  • 研究員紹介

市町村ゼミナール

第46次(平成30年度)第6講                                   『誰もが取り組めるボウサイ~地区の防災力を高める手法 』

日 時 

 平成30年10月11日(木)13:30~16:30

会 場

 昭和ビル ホール(9階)

テーマ

 『誰もが取り組めるボウサイ~地区の防災力を高める手法

講 師

跡見学園女子大学観光コミュニティ学部 教授 鍵屋  一  氏

株式会社Rpro 代表取締役 岡本 ナオト 氏

 

 平成30年度第6講は、『 誰もが取り組めるボウサイ~地区の防災力を高める手法 』をテーマに開催いたします。

 

 今年も大阪北部地震のほか、西日本を中心に甚大な被害をもたらした平成307月豪雨など、災害は各地に大きな災禍を及ぼしています。これら災害の検証は始まったばかりですが、同程度の自然災害を受けても、被害の大小、救援や復旧の進み方などに地域により大きな差が見られます。

 

 風水害や地震災害への対応は、各市町村が策定する地域防災計画を基本に行われることとなります。計画が行政・住民双方で共有されるには、わかりやすく興味を持たれる内容であること、計画づくりから運用において住民参加が担保されること、日頃の訓練を通じた防災意識の普及などが求められます。今一度、住民の誰もが取り組める防災、地域の防災力を高める方法について考えてみたいと思います。

 

 本講では、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授 鍵屋 一 様をお招きし、地域防災を取り巻く今日の社会課題、地域の防災力強化に求められるポイント、実効性のある地域防災計画、地域防災力強化について市町村職員に期待することなどについて、ご講演いただきます。

 

 また、株式会社R-pro代表取締役 岡本ナオト 様をお招きし、デザインや企画の力で若者にボウサイを届ける数々の具体の取組みについて、ご報告いただきます。

ご多忙中とは存じますが、多くの皆様にご参加いただきますようご案内申しあげます。

 

 

【鍵屋 一(かぎや はじめ)氏の略歴】

 

1956年、秋田県生まれ。
早稲田大学法学部卒、法政大学大学院政治学専攻修士、京都大学博士(情報学)。
東京都板橋区防災課長、福祉部長兼危機管理担当部長、議会事務局長等を経て、2015年、跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授に就任。現職のほか、法政大学大学院、名古屋大学大学院の兼任講師。

 

主な公職として、内閣府地区防災計画アドバイザリーボード委員、内閣府災害時要援護者の福祉と防災との連携に関する検討会委員、(一社)福祉防災コミュニティ協会代表理事、NPO法人東京いのちのポータルサイト副理事長、(一社)防災教育普及協会理事、災害福祉広域支援ネットワークサンダーバード等を歴任。

 

主な著書に、「福祉施設の事業継続計画(BCP)ガイド」(監修・共著、2014年、東京都福祉保健財団)、「地域防災力強化宣言」(2003年、ぎょうせい、2004年法政大学地域政策研究賞優秀賞)、「高齢者・障害者の災害時の避難支援のポイント」(共著、2006年、ぎょうせい)、「図解よくわかる自治体の防災・危機管理のしくみ」(2003年、2011年改訂、学陽書房)等、多数。

会場地図

平成30年度の年間計画

日程 テーマ・講師
開 講 講 座

518日(金)

『“関係人口”が地域を変える 』

ローカルジャーナリスト 田中 輝美 氏

しまコトアカデミー事務局 シーズ総合政策研究所 藤原 啓  氏

第2講

6月11日(月)

『多様性を尊重するまちづくり ~LGBTの理解を契機に』

特定非営利活動法人 ASTA 共同代表 松岡 成子 氏

岐阜県関市市民協働課 課長補佐 河合 康紀 氏 

第3講

7月11日(水)

『人口減少期の都市計画に向けて ~リアルな都市のたたみ方』

首都大学東京都市環境学部都市政策科学域 教授 饗庭  伸 氏

山形県鶴岡市都市計画課 課長 岡部 信宏 氏
第4講

82日(木)

『スポーツによる地域活性化

 スポーツイベント・スポーツツーリズムを活かす』

早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 間野 義之 氏

株式会社トライアーティスト 代表取締役 竹内 鉄平 氏

 

8月

 

市町村ゼミナール特別シンポジウム

第5講

9月28日(金)

『企業との連携による行政力の向上 ~行政経営のパートナーとして』

株式会社チェンジウェーブ 代表 佐々木 裕子 氏

茨城県行方市 市長  鈴木 周也 氏
第6講

10月11日(木)

『誰もが取り組めるボウサイ ~地区の防災力を高める手法』

跡見学園女子大学教授 鍵屋  一 氏

株式会社Rpro 代表 岡本ナオト 氏
第7講

11月8日(木)

『地域共生社会の実現を目指して ~地域福祉計画を活かす』

同志社大学社会学部 教授 永田  祐 氏

名張市福祉こども部地域包括支援センター兼医療福祉総務室 藤本 勇樹 氏

 

第8講

 

11月22

(木)

『地域密着型ビジネスで地域経済の好循環を生む』

郡上カンパニー運営事務局  小林 謙一 氏

株式会社週休いつか 代表取締役 新海 健太郎 氏

 

第9講

 

12月3日

(月)

『所有者不明の土地がもたらす問題と解決策』

【調整中】

 

第10講

 

1月

 

『公共資産の利活用 ~多様で魅力的な都市空間の演出』

【調整中】

 

第11講 

 

2月

 

『市民団体の自律性を高める ~ガバナンスの効いた組織づくりを支える』

【調整中】

 

第12講

 

 3

 

【調整中】

 


 

バックナンバー

これまでの開催テーマと講師

これまでの結果概要


平成30年度(第46次)市町村ゼミナール

  ⇒こちらへ

平成29年度(第45次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成28年度(第44次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成27年度(第43次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成26年度(第42次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成25年度(第41次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成24年度(第40次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

 

市町村ゼミナールの結果概要

 ⇒こちらへ