• TOP
  • 組織概要
  • 業務内容
  • 業務実績
  • 市町村ゼミナール
  • まちづくり情報・コラム
  • 研究員紹介

市町村ゼミナール

第48次(令和2年度)  第2講                   『公共施設の包括的な管理~公共施設の長寿命化を実現させるために~ 』

 

令和2年度の第2講は、 公共施設の包括的な管理~公共施設の長寿命化を実現させるためにがテーマです

 

 市町村等が保有する公共施設は、それぞれの設置目的に沿って、担当部局ごとに維持管理されています。個別の施設管理には、維持管理水準のバラツキや施設の老朽化に伴う不具合発生時への対応、利用者のサービス水準確保、限られた人材による維持管理、厳しい財政環境の中での計画的な維持修繕などの課題があります。

 

 こうした課題に対応するため、施設の最適配置推進のほか、市町村のエリアや業務の種類ごとに公共施設などの建物管理業務を中心に一括して民間事業者に委託する包括的施設管理委託の動きが始まっています。専門の事業者が包括的に施設管理を行うことで、より効率的で質の高い管理が実現するほか、個別管理に割いていた職員の効率的な配置、さらには適切な管理を行うことで公共施設の長寿命化も期待されます。

 

 本講では、東京都東村山市資産マネジメント課長の杉山健一 様をお招きし、公共施設の包括的管理の意義、東村山市における取組の概要、見えてきた成果と課題などについて、ご報告いただきます。

 

また、兵庫県芦屋市企画部マネジメント推進課長の島津久夫 様をお招きし、芦屋市が実施している公共施設の包括管理委託の概要と期待する成果、今後の最適配置の基本方針などについて、ご報告いただきます

 

 

 

13:30  開 会

 

13:35

 

      東村山市における公共施設の包括的管理の取組

 

東京都東村山市経営政策部資産マネジメント課長           杉山 健一 氏

 

 

 

15:00  休憩

 

15:10

 

       「 芦屋市における施設マネジメントと公共施設の包括管理 」

 

         兵庫県芦屋市企画部マネジメント推進課長             島津 久夫 氏

 

 

 

  16:10  質疑応答、終了(予定)

20200811_東村山市杉山様資料2.pdf
PDFファイル 4.7 MB
芦屋市における施設マネジメントと公共施設の包括管理 (003).pdf
PDFファイル 3.8 MB

令和元年度の年間計画

バックナンバー

これまでの開催テーマと講師

これまでの結果概要


平成30年度(第46次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成29年度(第45次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成28年度(第44次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成27年度(第43次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成26年度(第42次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成25年度(第41次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成24年度(第40次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

 

市町村ゼミナールの結果概要

 ⇒こちらへ