• TOP
  • 組織概要
  • 業務内容
  • 業務実績
  • 市町村ゼミナール
  • まちづくり情報・コラム
  • 研究員紹介

市町村ゼミナール

第46次(平成30年度)第5講                                   『企業との連携による行政力の向上 ~ 行政経営のパートナーとして 』

日 時 

 平成30年9月28日(金)13:30~16:30

会 場

 名古屋栄ビルディング 特別会議室(12階)

テーマ

 企業との連携による行政力の向上 ~ 行政経営のパートナーとして

講 師

 株式会社チェンジウェーブ代表取締役 佐々木裕子 

茨城県行方(なめがた)市長 鈴木 周也 氏

 平成30年度第5講は、『 企業との連携による行政力の向上 ~ 行政経営のパートナーとして 』をテーマに開催いたします。

  全国の市町村で、まち・ひと・しごと創生法に基づき、地域特性や知恵を結集した地方創生事業が取り組まれていますが、同時に、人口減少や少子高齢化を始めとする厳しい社会経済環境の中で、行政の力だけで地域活性化を推進するには数多くのハードルが立ちはだかっているのが現実です。

 そんななかで、従来の行政の枠を超えた自治体・民間企業・地域が連携した地方創生の取組みが注目されています。企業との協働、新しいビジネスチャンスの創出、地域貢献など、各地で自治体と企業との連携による行政経営の新しい試みが始まっています。 

 本講では、株式会社チェンジウェーブ代表取締役 佐々木裕子 様をお招きし、今、官民協働が注目される背景と意義、官民協働のポイントと留意点を長野県塩尻市のMICHIKARAプロジェクトを例に挙げて、ご講演いただきます。

 また、茨城県行方(なめがた)市長 鈴木 周也 様をお招きし、「情報発信日本一」をめざし、民間企業と連携した広報紙デジタル化のねらい、システムの概要、効果と課題、行政経営における企業等との新たな連携拡大の展望等について、ご報告いただきます。

 

【佐々木 裕子(ささき ひろこ)氏の略歴】

 

東京大学法学部卒、日本銀行を経て、マッキンゼーアンドカンパニーに勤務。
シカゴオフィス勤務の後、同社アソシエイトパートナー。8年強の間、経営コンサルタントとして数多くの企業戦略策定経営変革、新規事業開発に従事。その後、株式会社チェンジウェーブを設立。変革屋。企業変革コンサルティングや次世代経営人財・変革リーダー育成を通じた、組織変革・社会変革の実現に奔走中。年間数百名の企業人財との接点を持つ。2015TEDx Tokyoに変革屋として登壇。

 

主な著書に、「21世紀を生き抜く31の力」「実践型クリティカルシンキング」「数字で考える力」等、多数。日経BP「小さな組織の未来学」に連載中。

 

 

【鈴木 周也(すずき しゅうや)氏の略歴】

 

1971年、茨城県生まれ。1994年、東京農業大学生物産業学部卒。
JA
共済連職員などを経て、2011年、行方市議会議員に当選。
2013
年、行方市長に当選(当時県内最年少)。市民目線での子育て支援や人財育成、産学官連携による6次産業化推進や防災対応型エリア放送開局など、挑戦的な政策を展開。現在、2期目として活躍中。

 

平成30年度の年間計画

日程 テーマ・講師
開 講 講 座

518日(金)

『“関係人口”が地域を変える 』

ローカルジャーナリスト 田中 輝美 氏

しまコトアカデミー事務局 シーズ総合政策研究所 藤原 啓  氏

第2講

6月11日(月)

『多様性を尊重するまちづくり ~LGBTの理解を契機に』

特定非営利活動法人 ASTA 共同代表 松岡 成子 氏

岐阜県関市市民協働課 課長補佐 河合 康紀 氏 

第3講

7月11日(水)

『人口減少期の都市計画に向けて ~リアルな都市のたたみ方』

首都大学東京都市環境学部都市政策科学域 教授 饗庭  伸 氏

山形県鶴岡市都市計画課 課長 岡部 信宏 氏
第4講

82日(木)

『スポーツによる地域活性化

 スポーツイベント・スポーツツーリズムを活かす』

早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 間野 義之 氏

株式会社トライアーティスト 代表取締役 竹内 鉄平 氏

 

8月

 

市町村ゼミナール特別シンポジウム

第5講

9月28日(金)

『企業との連携による行政力の向上 ~行政経営のパートナーとして』

株式会社チェンジウェーブ 代表 佐々木 裕子 氏

茨城県行方市 市長  鈴木 周也 氏
第6講

10月11日(木)

『誰もが取り組めるボウサイ ~地区の防災力を高める手法』

跡見学園女子大学教授 鍵屋  一 氏

株式会社Rpro 代表 岡本ナオト 氏
第7講

11月8日(木)

『地域共生社会の実現を目指して ~地域福祉計画を活かす』

同志社大学社会学部 教授 永田  祐 氏

三重県名張市 (報告者調整中)

 

第8講

 

11月22

(木)

『地域密着型ビジネスで地域経済の好循環を生む』

郡上カンパニー運営事務局  小林 謙一 氏

株式会社週休いつか 代表取締役 新海 健太郎 氏

 

第9講

 

12月3日

(月)

『所有者不明の土地がもたらす問題と解決策』

【調整中】

 

第10講

 

1月

 

『公共資産の利活用 ~多様で魅力的な都市空間の演出』

【調整中】

 

第11講 

 

2月

 

『市民団体の自律性を高める ~ガバナンスの効いた組織づくりを支える』

【調整中】

 

第12講

 

 3

 

【調整中】

 


 

バックナンバー

これまでの開催テーマと講師

これまでの結果概要


平成30年度(第46次)市町村ゼミナール

  ⇒こちらへ

平成29年度(第45次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成28年度(第44次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成27年度(第43次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成26年度(第42次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成25年度(第41次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

平成24年度(第40次)市町村ゼミナール

 ⇒こちらへ

 

市町村ゼミナールの結果概要

 ⇒こちらへ